格安航空券と普通の航空券の違い

国内線の格安航空券と普通の航空券との違いは、前者は航空会社が特別仕様として安い金額で販売するために用意されたチケットのことを指します。もともとは旅行ツアー用に旅行会社へと卸した航空チケットで、それをバラ売りで販売していることが特徴です。普通の飛行機のチケットのほうは、大手の航空会社が発行している正規の値段で販売しているチケットです。格安で利用できる分前者の方が得ではありますが、正規のチケットの場合にもメリットはあり、日程などの面で融通が効くことができます。
もう一つ、大手の航空会社が発行している正規のチケットとは別に正規の値段から割り引いたチケットも存在しており、これをPEX航空券と呼びます。このチケットの特徴は割引き率については各航空会社によって違い、格安のチケットよりも少し高くなりやすい傾向はありますが、シーズンによってはこちらのほうが安くなることもあります。
飛行機のチケットは基本的に安くなればなるほどに自由度が効かなくなる傾向がありますので、どちらがいいかについては利用する際にそれぞれが考えた上で選択していくのがよいです。